境界

昨晩「ドォーモ」で「ラーメンの境界線を探せ!」というのをやってましたね。
福岡(博多)のラーメンはトンコツスープが主流。それじゃぁ、本州を東に進んでいくと、どこでトンコツと醤油が入れ替わるのか?という企画でしたが・・・こういうの大好きです。もう寝ようかと思ってましたが、結局最後まで見てしまいました・・・。

結局、周南市(しょうゆ)と防府(トンコツ)が境界線なんじゃないのか?という結論になったようですが、こういう線引きって難しいような気が・・・。実際、防府市内にトンコツのお店は多い(多くなった)けど、ボクが小さい時よく食べていたのは醤油ラーメンだし、学生時代に博多に住んでいた時も「トンコツもいいけど、たまには醤油が食べたい〜」と言ってたくらいですから、昔からトンコツが主流というわけでもない感じがしますが・・・。

しかし、防府の定番店にあのお店はないでしょう。30年の歴史を誇る「博多ラーメン」とか屋台「はやしや」なら納得したかも・・・(取材時間の都合もあったかもしれないけど)若い子はともかく、いい歳をしたタクシー運転手までもがあの店を推薦したのには驚いた。
防府人って新しモノ好きだよね〜。だから文化とか歴史が育たないんだよ!(と、問題発言をして〆くくり(笑))
[PR]
by digicat-blog-kai | 2007-09-07 13:15 | 日々な話。