肩書き

c0104371_11305945.jpg

NEKOグラファーという肩書きをいただきました(?)
本業ではない活動をする時は、これを名乗ればいいんじゃないかと・・・。
思いっきり造語なわけで、洒落としてはおもしろいな〜と思ったのですが、ググってみると自称ねこグラファーと言う方は多くて、あまり新鮮みはなかったな!と。
名乗るのやめようかな〜(笑)

だいたい、肩書きって自分から名乗るモンじゃない気がするのよ。
他人が尊敬の念を込めて呼んでくれる名称だと思うので「自分のことは○○○と呼んでください」と押し付けるのは、何かエラソーだというかカンチガイしてないかい?とか思ったり・・・。

そういえば、
「芸術」という単語の英訳が「アート」な訳ですが、日本人の感覚の中の「芸術」と「アート」は全く違う物なのでは?という討論をいろんな人とするのですが・・・
ま、ここで具体的な例を出して結論づけるのはやめときますが、
芸術というのは、誰もが認める永久不変の至高の美や究極の技術で、他人が認め決めるもの。
アート(=アーティスト)っていうのは、作者自身が肩書きとしてつけたがる飾りのような物じゃないか?という話でいつも終わります。

私のは単なる「遊び」であり「表現」です。
Canon EOS kiss X2+SIGMA 18-200/DC/OS

山口に関係するブログが大集合!ランキングサイト山口ブログに参加しています。
↓1日1回ポチッとしてもらえると、よろこびます。

[PR]
by digicat-blog-kai | 2009-06-08 11:57 | 日々な話。